Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の名前ででています。

数年前から美容院を変えました。
カットのすご~く上手な美容師さんに出会ったからです。
彼は、指名客が多くてその店では売れっ子だったのです。

彼にカットしてもらったらシャンプー、タオルドライ、手ぐしでOK。
らくちんだったらありゃしない♪
しかし、そんな人がいつまでも使われているはずがありません。
彼は独立のために故郷にかえっていきました。

その他の美容師さんたちは、どうしても彼のようにはいきません。
行くたびにこと細かく注文しなければなりません。
「いつもと同じにしてね」のひとことでいつものようにカットしてもらえるって
すごいことなんですね。

昨日、以前の美容院に戻りました。
結婚してからずっと行っていたところです。
馴染みだった美容師さんに、昔のままの名前で指名しました。

彼女は、「あの頃」の私の話をしながら それはそれは丁寧に
私の注文どおりにカットしてくれました。
私に鏡をもたせて、後ろなども確認させながら 
ひとつひとつOKをとらせながら長い時間をかけてくれます。
仕上がりはもちろんすっきりいい気分♪
何度かシャンプーしていくうちに、「次回への注文」ができるのでしょうが
次回からはまた「いつもと同じにしてね」ができるようになるでしょう。

ちょっとうれしい今日のわたしです。

ジャッカルの日

ジャッカルの日

フランス大統領ドゴールの暗殺を請け負った殺し屋ジャッカルと、着実にじわじわと彼を追い詰めていく司法警察ルヴェル警視の息詰まる行動を詳細に描いています。
全編を通してみなぎる緊迫感が、静かに展開していくのが何ともすごい迫力。

フレッド・ジンネマン監督が特にこだわったという時代考証がまた見ものです。
ファッションもそうですが、映像の中にみられる車も
忠実にその時代のものを走らせているのだそうです。
ちなみにジャッカルが乗っている車はアルファロメオ(イタリア)。
クラシックな車の好きな方には、見逃せないかもしれません。
また、背景のフランスの風景がとってもすてきで大画面で見たいなと思いました。

フレデリック・フォーサイスのベストセラー小説化ですが、先に
小説を読んでから、映像を楽しめたら最高です。



カラー

カラー

去年、母の日にもらったカラーです。
お手入れの仕方がよくわからなくて、花が終わった後はそのまま放置してしまいました。
今年の春、かわいい芽がつんつんと伸びてきて「わっ!生きてる」と感激だったのです。
それから月一度の置き肥と週一度の液肥をして楽しみに花を待ちました。
たったいっこだけど咲きました!
いっこだけなのは、去年の放置の結果でしょう。
今年は、花後をしっかりケアするつもり。
といっても、これから勉強です。
ご存知の方、教えていただけるとうれしいのですが。
0004.1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。